オンラインカジノ 税金

「オンラインカジノの勝利金に対して税金はかかるのか」オンラインカジノを始めたばかりの頃はそんな疑問すら持っていなかったかもしれません。

でも、この記事を読んでいる方は、オンラインカジノで大きな勝利金を手にしたことから、税金について考えるようになってのではないでしょうか。

結論から言うと、オンラインカジノの勝利金には一時所得という区分で税金が適用されます。

本記事では、「オンラインカジノの勝利金に税金はかかるの?」「勝利金の確定申告ってどうやったらいいんだろう」という疑問をお持ちの方のために、税金に関する知識と確定申告手順、さらに会社バレを防ぐ方法まで一挙解説していきます。

この記事で紹介すること
  • オンラインカジノの勝利金は課税対象
  • 税金の発生タイミングと注意点
  • 確定申告の手順
  • 会社バレを防ぐ税金の納付方法

    最後まで読んでいただければ、オンラインカジノに関する税金の知識が全て分かるだけでなく、安心して来年の確定申告を迎えることができるはずですよ。

    オンラインカジノの勝利金は課税対象!所得区分は一時所得として適用される

    冒頭でも解説した通り、オンラインカジノの勝利金は一時所得として課税対象です。

    実際、これまでオンラインカジノの勝利金がどう扱われるべきかについて、税務署の公式見解や裁判所の判例はありません。

    しかし、一般論としてギャンブルの勝利金には税金が発生することから、一時所得という所得区分で課税対象となるのです。

    ちなみに、仮想通貨の収益も課税対象となっています。所得区分は雑所得なので一時所得とは別物です。

    この記事をご覧になっている方の中には、仮想通貨でも利益を上げている方もいるでしょう。

    ただし、オンラインカジノの勝利金と仮想通貨の収益は所得区分の違いから合算することができないので注意してください。

    一時所得とは何か

    国税庁は一時所得を以下のように解説しています。

    一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
    1.懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
    2.競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)
    3.生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
    4.法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)
    5.遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

    ※引用元:一時所得│国税庁

    オンラインカジノの勝利金は、この中の1もしくは2に当たるとされているため、税金の対象となります。

    ただし、一時所得には50万円の税額控除が認められています。要するに、1年間で50万円以上出金しなければ課税されないということです。

    オンラインカジノの勝利金に税金が発生するのは、1年間に50万円以上の勝利金を出金した場合ということを覚えておきましょう。

    オンラインカジノとパチンコ・競馬の違い

    この章の始めに、ギャンブルの勝利金には税金が発生すると解説しましたが、「パチンコや競馬の勝利金に税金がかかるなんて聞いたことがない」という方もいるでしょう。

    本来、どちらも一時所得として課税対象なのです。しかし、これらのギャンブルには税務署にバレやすいか否かという明確な違いがあります。

    パチンコや競馬の勝利金は、現金でやり取りすることが可能です。そのため、税務署は資金の流れを詳しく把握することはできません。

    それに対して、オンラインカジノは出金に銀行を通す必要があるなど、入出金に関する履歴が電子データとして残ります

    税務署は、銀行口座の入出金について調査権限を持っていることから、あなたの口座に多額の現金が振り込まれたことを知ることができるのです。

    このように、オンラインカジノの勝利金は他のギャンブルよりもバレやすく、申告を怠ると申告漏れや脱税の疑いがかけられるおそれがあるので注意しましょう。

    オンラインカジノの税金2つの注意点

    オンラインカジノで発生する税金について、初めての方が間違えやすい2つの注意点があります。

    • 税金の発生タイミングは出金ごと
    • 負けた賭け金は経費扱いにならない

    1つずつ解説していくので、参考にしてください。

    税金の発生タイミングは出金ごと

    オンラインカジノの勝利金に対する税金は、出金し銀行口座に着金したタイミングで発生すると考えるのが適当です。

    本来、一時所得は1回のゲームが終了し勝利金を得た時点で課税対象となります。しかし、税務署もオンラインカジノの賭け履歴まで取得することはできません。

    もし、税務署が賭け履歴の開示請求をしたとしても、オンラインカジノ側が他国の税務署に適正に遊んでいるプレイヤーの個人情報をたやすく開示することがないからです。

    そのため、1年間にオンラインカジノから銀行口座に出金した額が課税対象となることを覚えておきましょう。

    このことを考慮すると、税金の計算は以下の通りとなります。

    一時所得の計算方法
    「出金した金額」ー「入金した金額」ー「50万円(控除額)」=「一時所得額」

    税金の確定申告には、最低限「出金した額」と「入金した額」の把握が必要となるので覚えておいてください。

    負けた賭け金は経費扱いとならない

    オンラインカジノに関する税金で間違えやすいのが、負けた金額を経費として見れないことです。

    国税庁「やさしい必要経費の知識」では、経費は『総収入金額に対応する売上原価その他その総収入金額を得るために直接要した費用の額』とされています。

    しかし、オンラインカジノで負けた資金については、勝利金を得るために直接要した費用の額と見ることができないのが通例です。

    このため、1年間のうち数回大負けを喫してしまったとしても、それが入金分の金額でないなら経費とすることはできません。

    (例)

    10万円を入金し、ゲームで勝利を重ね100万円まで増えたとします。

    しかし、その後50万円の損失となり、残額が50万円となりました。

    その後、70万円まで増やすことができ、残高の70万円を銀行口座に出金したとします。

    この場合、課税対象となるのは70万円(出金額)ー10万円(入金額)ー50万円(控除額)=10万円です。

    途中で被った50万円の損失は、経費とすることができません。

    オンラインカジノの税金は翌年の確定申告で算出し納付する

    オンラインカジノの税金は一時所得として、利益を得た翌年の確定申告で計算し税金を納付することになります。

    (例)
    2021年の1年間で課税対象額となる金額を出金した場合、2022年の2月16日から行われる確定申告で、一時所得を申告し算出された金額を納付します。

    手順1:申告に必要な入金額と出金額を確認する

    確定申告をするためには、入金履歴や銀行口座への出金履歴を確認して、1年間に入金した金額と勝利金の合計出金額を書き出しましょう。

    手順2:合計金額から入金額と控除額を差し引く

    続いて、勝利金の合計出金額から1年間に入金した金額と控除額を差し引きます。

    「出金額ー入金額ー50万円(控除額)=課税対象額」

    ここで差し引いた金額が0円以下(マイナス)になったら、確定申告をする必要はありません。

    逆に、差し引いた金額が1円以上(プラス)なら、一時所得として確定申告が必要となります。

    手順3:確定申告書の作成

    算出した一時所得の金額をもとに国税庁ホームページにて確定申告書を作成します。

    国税庁のホームページから簡単に作成できるフォームが用意されているので、ここで申告書を作成して税務署に提出しましょう。

    会社バレを防ぐためには住民税の普通徴収を選択する

    オンラインカジノで勝っているなんて会社に知られたくない!」という方は、確定申告書の中にある、住民税の納付方法で「普通徴収」を選択してください。

    通常、住民税は最も所得額の大きい給与収入から天引きされることが決まっています。天引きされる住民税が増額されることが給与以外に収入があることがバレる要因です。

    そのため、特別徴収(給与からの天引き)を選択すると、オンラインカジノの勝利金分の住民税も給与から天引きされてしまいます。

    天引きされる税金がいきなり多くなると、会社の担当者によっては金額が適正なのか確認することがあったり、給与以外の収入があることが経理を通じて会社にバレてしまうのです。

    これを防ぐためには、確定申告で普通徴収(自分で納付)を選択して、後日送られてくる納付書をもとに自ら納付することが大切です。

    大きく勝ったら税金に注意!適正に納税してトラブルを未然に防ごう

    オンラインカジノの勝利金には一時所得という所得区分で税金が発生します。

    本来、1ゲームごとの勝利金に対して課税されますが、そこまで計算していては現実的ではないですし、税務署もプレイ履歴まで調べることができないため、税金の発生タイミングは銀行口座に出金した時点と解釈するべきです。

    計算方法はいたって簡単。出金額ー入金額ー控除額=課税対象額で算出することができます。

    この計算方法でプラスになるなら、しっかりと確定申告をして税金の支払いを済ませましょう。会社バレを防ぐには、住民税の支払方法で普通徴収を選択する必要があることを忘れないようにしてください。

    税金の知識を知ることができれば、オンラインカジノで大きく勝っても安心ですね。

    おすすめの記事