Bitget 使い方

仮想通貨デリバティブ商品取引を提供している取引所Bitgetの使い方を分かりやすく解説していきます。

デリバティブ商品とは原資産の価格を基準に価値が決定する金融商品のことで、もとの仮想通貨を持っていなくても取引できるのが特徴です。

とはいうものの、初心者の方にとってはデリバティブ取引所の使い方は少し難しいのも事実です。

そこで、この記事ではBitgetの使い方について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、Bitgetを使ったことがない方でも登録から実際の取引まで全て理解することができます。

この記事で紹介すること
    • Bitgetの登録方法
    • Bitgetの入出金方法
    • Bitgetのトレード画面の使い方
    • Bitgetの注文方法

Bitgetの登録方法

Bitgetを利用するためには、まずBitgetへ登録する必要があります。

Bitgetは数分程度で簡単に登録することができます。

PCから登録する場合

STEP1:ブラウザから公式サイトにアクセス

Bitget 登録 PC1

トップページ右上にある「登録」をクリックします。

STEP2:メールアドレスとパスワードを入力

bitget 登録 PC2

メールアドレスとパスワードを入力して「今すぐ登録」をクリックします。

Bitgetはメールアドレスまたは電話番号から登録できますが、今回はメールアドレスを使って登録します。

STEP3:認証コードを入力

bitget 登録 PC3

登録したメールアドレス宛に「認証コード」が届くので入力します。

これでPCからの登録が完了します。

アプリから登録する場合

BitgetのアプリはiOSとAndroidどちらにも対応しています。

STEP1:Bitget公式アプリをインストール

Bitget 登録 アプリ1

今回はAndroidでの登録方法を紹介します。

アプリをダウンロード

 

STEP2:メールアドレスで登録

bitget 登録 アプリ2

アプリ起動後、トップページの右下にある「資産」をタップし、左下にある「今すぐ登録」をタップ。

メールアドレスか電話番号を入力し、「次のステップ」をタップします。

今回はメールアドレスを使って登録します。

STEP3:パスワードと認証コードを入力

bitget 登録 アプリ3

登録したメールアドレス宛に認証コードが送られてきます。

登録したいパスワードと認証コードを入力して、「登録」をタップします。

これでアプリからの登録が完了します。

Bitgetの入出金方法

Bitgetへ登録したら早速入金してみましょう。

この章ではPCまたはアプリからBitgetへ入金する方法と、出金する方法を紹介します。

Bitgetで入出金できるのは下記の計11種類の仮想通貨です。

BTC/BFT/USDT/ETH/LTC/BCH/ETC/TRX/XRP/EOS/BCHA

日本円やアメリカドルといった法定通貨での入金には対応していないので注意してくださいね。

PCから入金する場合

STEP1:Bitgetにログイン

bitget 入金 PC1

Bitgetにログインしたら、右上の「資産」にカーソルを合わせて、入金をクリックします。

STEP2:入金したい仮想通貨を送金

bitget 入金 PC2

Bitgetに入金したい仮想通貨を選び、表示されているアドレスに送金すれば入金完了です。

アプリから入金する場合

STEP1:Bitgetアプリにログイン

bitget 入金 アプリ1

Bitgetアプリにログインしたら、トップページの真ん中あたりにある「入金」をタップします。

STEP2:入金したい仮想通貨を送金

bitget 入金 アプリ2

右上にある「通貨を選択」をタップし、入金したい仮想通貨を選びます。

表示されたアドレスへ送金したら入金が完了します。

PCから出金したい場合

STEP1:Bitgetにログイン

bitget 出金 PC1

Bitgetにログインしたら、右上の「資産」にカーソルを合わせて「出金」をクリックします。

STEP2:出金したい仮想通貨を申請

bitget 出金 PC2

Bitgetから出金したい仮想通貨を選び、出金先のアドレスと数量を入力したら「提出」をクリックします。

これで出金が完了します。

アプリから出金したい場合

STEP1:Bitgetアプリにログイン

bitget 出金 アプリ1

Bitgetアプリを起動したら、右下にある「資産」をタップし、「出金」をタップします。

STEP2:出金したい仮想通貨を申請

bitget 出金 アプリ2

右上にある「通貨を選択」をタップし、出金したい仮想通貨を選びます。

出金先のアドレスと数量を入力したら「続ける」をタップします。

これで出金が完了します。

Bitgetのトレード画面の使い方

次にBitgetのトレード画面を簡単に説明します。

bitget トレード画面1

①取引銘柄一覧 取引できる通貨ペアの一覧
②資金調達率 次の資金調達率とファンディング手数料が発生するまでの残り時間
③チャート BitgetのチャートはTradingViewと同じチャート機能が使えます
④取引深さと取引記録 取引深さはオーダーブック、取引記録は歩み値です
⑤注文画面とオプション機能 注文画面からロングまたはショートをおこなうことができます
⑥取引履歴 取引履歴だけでなく現在持っているポジションの管理もできます
⑦口座残高 現在の口座残高や証拠金維持率が確認できます

初めてトレード画面を利用する方は少し難しいと感じるのではないでしょうか。

わたしもどこに何があるのかわからなくて慣れるまで時間がかかりました…。

Bitgetの注文方法・オーダーオプションの使い方

次にBitgetでの注文方法とオーダーオプションの使い方を見ていきます。

Bitgetで取引しようと考えている方はこの章をしっかりと確認することをおすすめします。

Bitgetで使える注文方法

Bitgetでは以下の3つの注文方法があります。

普通委託 契約価格と契約数量を自身で決め、設定した価格の相対注文があると約定する注文方法

一般的には指値注文と同じ

快速委託 自身は数量だけを設定し、契約価格はオーダーブックにある最良の価格で注文が即座に約定する注文方法

一般的には成行注文と同じ

プラン委託 トリガー価格を設定しその価格に達すると行使される注文方法

一般的には条件付き注文と同じ

Bitgetでは一般的な注文方法とは違う表記でされていますが、中身の注文方法は他の取引所と変わりませんので安心してくださいね。

Bitgetの注文画面の使い方

基本的にはトレード画面にある注文画面を使ってロングまたはショートの注文を出します。

bitget 注文画面1

①レバレッジ倍率設定 クロスマージンか分離マージンかを設定できる。基本的にクロスマージンでOK

レバレッジ倍率を設定できる

②オープン・決済 新規に注文を出すか注文を決済するか
③注文方法 3つの注文方法(普通委託・快速委託・プラン委託)から選択する
④価格と数量 契約したい価格と数量を設定する
⑤注文発注 ロングする場合は緑色、ショートする場合は赤色
⑥オーダーオプション 注文にオプション機能をつけることができます。

詳細は下記に説明しています。

クロスマージンとは証拠金として設定している通貨のすべての保有残高を証拠金として使うことです。証拠金の管理がしやすくなりますが、損失の上限が口座全体まで及ぶので思わぬ損失を被ることもあります。

※分離マージンとは設定した保有残高以外は証拠金として使用できないようにすることです。損失の上限を設定することができますが、証拠金管理に手間がかかります。

普通委託での注文から決済までの流れ

普通委託では契約価格と数量を設定して注文を出します。

普通委託は自分で価格を決めることができますが、相対注文を出している人がいない限りは約定されません。

ですから、約定までに時間がかかる場合があるのが普通委託での注文方法です。

普通委託で注文を出す場合

bitget 普通委託1

  1. レバレッジ倍率を設定
  2. 「普通委託」を選択
  3. 「オープン」を選択
  4. 契約価格と数量を入力
  5. ロングしたい場合は緑色の「ロングを開く」ボタンを、ショートしたい場合は赤色ボタンの「ショートを開く」ボタンをクリックする

取引板に自分の注文が並ぶので約定されると取引が完了します。

普通委託で注文を決済する場合

bitget 普通委託2

普通委託で決済注文を出す場合は、すでに出した注文の反対注文を出すだけです。

決済を選び、契約価格と数量を入力したら、ロングを決済したい場合は赤色の「ロングを閉じる」ボタンを、ショートを決済したい場合は緑色の「ショートを閉じる」ボタンを押します。

取引板に自分の注文が並ぶので約定されると取引が決済されます。

快速委託での注文から決済までの流れ

快速委託は契約数量だけを自身で設定し、契約価格はオーダーブックにある最良価格で約定される注文方法です。

快速委託ではすでにオーダーブックにある価格で約定するので、即座に約定したい場合に利用します。

快速委託で注文を出す場合

bitget 快速委託1

  1. レバレッジ倍率を設定
  2. 「快速委託」を選択
  3. 「オープン」を選択
  4. 注文数量を入力
  5. ロングしたい場合は緑色の「ロングを開く」ボタンを、ショートしたい場合は赤色ボタンの「ショートを開く」ボタンをクリック

注文を出すと即座に約定します

快速委託で注文を決済する場合

bitget 快速委託2

快速委託で決済注文を出す場合も、すでにした注文の反対注文を出すだけです。

決済を選び、契約数量を入力したら、ロングを決済したい場合は赤色の「ロングを閉じる」ボタンを、ショートを決済したい場合は緑色の「ショートを閉じる」ボタンを押します。

注文を出すと即座に決済がおこなわれます。

プラン委託での注文から決済までの流れ

プラン委託はあらかじめ設定したトリガー価格にその価格が達すると注文が出されます

プラン委託成行注文であれば即座に約定し、プラン委託指値注文であればオーダーブックに注文が並びます。

プラン委託で注文を出す場合

bitget プラン委託1

  1. レバレッジ倍率を設定
  2. 「プラン委託」を選択
  3. 「オープン」を選択
  4. トリガー価格、行使価格(成行したい場合は快速オープンボタンを押す)、数量を設定
  5. ロングしたい場合は緑色の「ロングを開く」ボタンを、ショートしたい場合は赤色ボタンの「ショートを開く」ボタンをクリックすると注文完了です。

トリガー価格に価格が達すると注文が執行されます。

プラン委託で注文を決済する場合

bitget プラン委託2

プラン委託で決済注文を出す場合も、すでにした注文の反対注文を出すだけです。

決済を選び、トリガー価格・行使価格(成行したい場合は快速決済ボタンを押す)・数量を入力したら、ロングを決済したい場合は赤色の「ロングを閉じる」ボタンを、ショートを決済した

い場合は緑色の「ショートを閉じる」ボタンをクリックすると注文完了です。

トリガー価格に価格が達すると注文が執行されます。

Bitgetで使えるオーダーオプション一覧

Bitgetの注文画面にはオプションを付与できる機能も備わっています。

オーダーオプションをうまく利用することで少し手間の掛かりそうな注文を簡単にしてくれます。

GTC(Good Till Cancel)

bitget GTC

GTC(Good Till Cancel)とは指値・条件付き注文の有効期限のことです。

Bitgetであれば普通委託とプラン委託のことですね。

GTCにチェックを入れておけば、注文が約定されるか自身で注文をキャンセルするまで有効の注文となります。

Makerのみ(Post Only注文)

bitget postonly

Post Only注文とは、指値注文が約定された際に、必ずメイカー手数料報酬を受け取れることを保証するオプションのことです。

Post Only注文にチェックを入れておけば、成行注文になるオーダーは自動的にキャンセルされます。

テイカー手数料を払いたくない場合はチェックを入れておくべきでしょう。

IOC(Immediately or cancel)

bitget IOC

IOC(Immediately or cancel)は、自身で設定した指値価格で一部しか約定できなかった場合に、未約定の注文はキャンセルされるオプションです。

自身が希望する価格ですべてを約定させたい場合はチェックを入れておきましょう。

FOK(Fill or Kill)

bitget FOK

FOK(Fill or Kill)は、一度の注文ですべての数量が約定しなかった場合に、その注文はすべてキャンセルされるオプションです。

短期トレーダーのように短い時間軸で一気に約定させなければならない人にとっては重宝されています。

利確と損切り

bitget 利確と損切り

利確と損切りは注文が約定されたあとに適用されるオプションです。

利確と損切りを設定しておくことで、行使価格以外にも利確ラインと損切りラインを設定することができます。

自身が注文をキャンセルすると利確と損切りオプションもキャンセルされます。

Bitgetのワンタッチコピー注文の使い方

Bitgetにはトレーダーをフォローすることで、その人らがおこなうトレードを自動的にコピーした注文が出せるワンタッチコピー注文という機能があります。

ワンタッチコピー注文は優れたトレーダーの実力をそのまま享受でき、利用者は何もしなくとも利益を上げることができる仕組みです(逆も然りですが、、)。

トレードの腕に自信のある方は、トレーダー側になることでフォロワーの収益の一部を受け取ることもできます。

 

現在ワンタッチコピー注文はアプリ版でのみ対応しているので注意してくださいね。

ここからは、ワンタッチコピー注文の使い方を説明します。

STEP1:Bitgetアプリ版のコピー注文にアクセス

bitget コピー注文1

アプリを起動したらトップページ右下にある「コピー注文」をタップします。

STEP2:フォローしたいトレーダーを選ぶ

bitget コピー注文2

概要欄に「コピー注文」と書いてあるトレーダーを選択します。

STEP3:コピーしたい注文を設定

bitget コピー注文3

契約取引コピー注文・コピー注文タイプを設定してから、下にある「コピー注文」をタップするとコピー注文が開始されます。

契約取引コピー注文 どの契約取引をコピーするか。複数選択も可能
コピー注文タイプ
  • 契約取引ごとにコピー注文を設定するか、一つの注文に統一して設定をするか
  • 自身でレバレッジ倍率を設定するか、トレーダーのレバレッジ倍率を適用するか
  • 自身でポジションの注文量を設定するか、自身の注文量をトレーダーの注文量の固定比率に適用するか

Bitgetの手数料一覧

Bitgetの手数料を下記の表にまとめてみました。

※当サイトからご登録いただいた方は、下記の手数料から永久に10%オフになります※

メイカー(快速委託・プラン委託)手数料 0.04%
テイカー(普通委託)手数料 0.06%
現物取引手数料 0.2%
資金調達率(ファンディング手数料) 0.05%~-0.05%
ファンディング手数料発生時間 8時間ごと(7:00、15:00、23:00)
出金手数料 詳細はこちらのページにあります
振替手数料 手数料なし

資金調達率(ファンディング手数料)とは何か?

資金調達率とは通貨間の金利差を調整するために設定される料率のことです。

一般的にファンディング手数料やスワップ金利と呼ばれていますね。

ファンディング手数料は先物取引価格と現物取引価格との乖離を修正するために設定されています。

ファンディング手数料一定時間の経過によって適用され、ファンディング手数料発生時間にロング/ショートポジションを持っているユーザーに手数料が課せられます。

ロングポジション ショートポジション
ファンディング手数料がプラス(0%<) 支払う 受け取る
ファンディング手数料がマイナス(0%>) 受け取る 支払う

Bitgetの資金振替機能の使い方

Bitgetでは同じ仮想通貨を現物取引口座と契約取引口座の間で手数料なしで交換できる資金振替機能があります。

仮想通貨現物を持っていて契約取引を行いたいときや、USDT契約取引から通貨標準契約取引といったように契約取引を変えたいときは資金振替機能を利用すると便利です。

PCから資金振替する場合

STEP1:Bitgetにログイン

bitget 資金振替 PC1

Bitgetにログインしたら、右上にある「資産」にカーソルを合わせ「資金振替」をクリックします。

STEP2:振り替えたい通貨に変える

Bitget 資金振替 PC2

自身が持っている仮想通貨を選択し、振り替えたい口座と通貨と数量を設定したら「確認」をクリックします。

これでPCから資金振替をしたい場合は完了です。

アプリから両替する場合

STEP1:Bitgetアプリ版にログイン

bitget 資金振替 アプリ1

アプリを起動したら、右下にある「資産」をタップし、「資金振替」をタップする。

STEP2:振り替えたい通貨に変える

bitget 資金振替 アプリ2

自身が持っている仮想通貨を選択し、振り替えたい口座と通貨と数量を設定したら「振替を確認」をタップします。

これでアプリから資金振替をしたい場合は完了です。

まとめ

これまで説明しただけでも、かなりの機能がありましたね。

Bitgetはたくさんの機能があり、すべて使いこなすことができればトレードの強い味方となってくれます。

皆さんもぜひ、Bitgetでのトレードライフを満喫してくださいね。

 

おすすめの記事